2018/08/28(火)Huawei nova lite/OreoにカスタムROM導入と暗号化解除

Android 8.0に更新した nova lite にカスタムROMを導入してみました。他のHuawei端末でも参考にしてください。

Trebleについて

Android 8.xのカスタムROMを入れるためには、Android 8.0 Oreo以降のファームウェアが前提となっています。すでにシステム更新でOreoのアップデートが始まっていますが、必ず Oreo/Android 8.xに更新してから以下をお試しください(強制更新の方法はこちら)。

というのも、Android OreoからProject Trebleというものが導入され、ファームウェアの使い方が変わりました。各メーカーとカスタム部分と、Androidのシステム部分を分離してしまおうという試みです。これにより、ROM(ファーム)のパーティション構成等が変更になっています。

この変更により、カーネルとシステム領域が別れたので、カスタムROMの導入は以前(7.x)より簡単になります。基本的にはシステムイメージを焼くだけで済み、カーネルはストックROMのものをそのまま使用できます。

続きを読む

2018/07/27(金)Huawei nova liteをAndroid 8.0(Oreo)に強制アップデート

nova lite用のOreoが公開されました。EMUIを起動している(非root/無改造)状態から、システム更新が降ってくるのを待ってもよいのですが、他の方法を試してみました。

P10やP10 Lite等の他機種でも同じようにできるはずです。また、この方法だと、応用でダウングレードもできます。

関連記事:nova lite/OreoにカスタムROMを導入

続きを読む

2018/05/25(金)Huawei nova liteにTWRPを入れてroot化

この記事は「Android 7.0/EMUI 5.0のNova lite(PRA-LX2)」用に書かれています。他のHUAWEIの端末でも似たような方法で大丈夫だと思いますが、Android 8.0(Oreo)は色々と違います。ご注意ください。

なお「nova lite」は日本国内での販売名で、海外では「P8 lite 2017」「Honor 8 Lite」という名称で売られています。また開発コード(?)の「PRAGUE」やチップセットを示す「Hi6250」も併記されることがあります。海外情報を探すときはこれらの名称で検索しましょう。

この操作は最悪スマホが起動しなくなりますので必ず自己責任で。

続きを読む

2018/05/24(木)Huaweiスマホの文鎮(Brick)からの脱出方法メモ

HUAWEI nova liteをうっかり文鎮化してしまったので、復旧方法(復旧手段)のまとめメモ。ちなみに海外では文鎮化のことを「Brick」(レンガ化)と言うようです。

文鎮化の経緯

  1. カスタムリカバリを入れるためにbootloaderをunlockする
  2. root化したり色々いじる。開発者モードとかもいじる。
  3. いつのまにかFRP Locked(OEMロック状態)になっていることに気づく
  4. FRP Lockedだと fastboot flash できず、EMUI 5.xではOEMロック解除に再度ブートローダーのロックが必要だと気づく。
  5. リカバリも/bootも/systemも改変された状態のままブートローダを再ロックしてしまう
    fastboot oem relock 0421234567897012
    
  6. 「secboot」が有効になり、改変された/bootや/systemやTWRPは起動しなくなる。

続きを読む

2017/01/10(火)Android AOSPイメージのインストールメモ/SafetyNetと格闘

AOSPと言って「Android Open Source Project」によって公開されたAndroidのソースファイルから、最新Version(例えばAndroid 7.0 Nougat)非対応の機種でも使えるようにビルドされたイメージが公開されています。

それをNexus 5にインストールした時(2016/10)のメモ。以下の方法を使ってもAOSP ROMを使う限りSefetyNetは通過できません。

続きを読む

OK キャンセル 確認 その他